本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > ステンレス精密自動車用金型パーツ加工性能
ステンレス精密自動車用金型パーツ加工性能
文章来源:    責任編集:    人气:695    発表時間:2014-07-09
  ステンレス精密自動車用金型パーツ加工の時、ワークとするエネルギー量が高く.バイト易磨耗しなければならない。することができないため、刀が一定水準を要求し、高温に耐えなければならない部分だ。同時に、やり遂げなければならない刃口锐利で、合理な角度を選択であった。ステンレス精密自動車用金型パーツ加工性能:ステンレス切削時塑性大?强靭性が高くて、切削で消费エネルギーは大きくて、切削温度より高かった。ステンレス熱伝導率が低く、放熱悪い形成されやすい刃物高温;ステンレスの凝结びつけはんだ性が強くて、ステンレス精密自動車用金型パーツ加工硬化倾向が强くて、テンスレス加工硬化倾向が强くて、ステンレス抱擁し切れ屑を切削過程中易渋滞に影响する精密自動車用金型パーツ加工の表面をきめ細かくツヤしなければならない。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品