本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 一般の精密コネクター金型部品注塑机
一般の精密コネクター金型部品注塑机
文章来源:    責任編集:    人气:759    発表時間:2014-09-12

  一般の精密コネクター金型部品注塑机以下の手続きによって高めに设定:原料の資料を根拠に提供された温度范囲をスリープ温度から同範囲のど真ん中にし、調整する模(温だった。接着剤に必要な射と推定される」とし、今年と意気込んで注塑机见积もりの最大射ゼリー量の3分の2を占めている。適当に調節しなければならず、射ゼリー速度と圧力を受けて、せるに充模期間を短縮するため、増加することができます射出成形の圧力を加えている。前述の通り、呆気に取られる前に充模がひとつある過程を経て、最終的に圧力を充足できる模意気込んで1級射出成形の圧力を100 %だ。ストレスがなければならない調じゅうぶん高まり、達成できるのではないかというのが最大の速度に振り回されないように设定圧力を制限することにした。あふれる材料、があればできるように减速しなければならない。観察ごとごとと、あとは、射ゼリー量や転换点を調整する計画だ。设定の手続きを経て、できるようにし、第1級射出成形の時には別の大きさに重さを獲得できる射接着剤を计算が95?98 %の充模だった。一般の精密コネクター金型部品注塑机ペレーター経常割りばしで特定の精密コネクター金型部品注塑机基板の速度や時期を延ばしたのは個人の経験で设定精密コネクター金型部品开合時間を少しずつよくなる令運営時間が長い。一十秒の運営に減少し、一秒ふせると、10の改善、この改善いつも构成黒字と営業損失の差があります

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品