本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 国産の精密プラスチック金型パーツ設備の競争力
国産の精密プラスチック金型パーツ設備の競争力
文章来源:    責任編集:    人气:774    発表時間:2014-12-10

  国産の精密プラスチック金型パーツ設備の競争力を分析してみた.現在、国内工作機械で生産した国産の设备、その主要な表現:1.製品の精密プラスチック金型パーツ業界に対するなかっ特殊要求を開発、主体構造が適応の精密プラスチック金型パーツを加工して、河南サイズや承重や工作机械の刚性および安定性、长い时间フル稼動させた場合の信頼性、高速かつ効率高精度および大残量の空間曲面加工等;2.装備にのたくさんの部品、品质配套件形態が、特にいくつかの電子部品、いくつかの机械の部品とデジタル制御システムなど;3.企業が体制、体制と管理上の問題を理由に、組み立て品質と総合サービスのレベルが高くないなどを含めて、特にアフターサービスが追いつかないを選択したことで、精密プラスチック金型パーツメーカーの起用は簡単に二の足を踏んでいた国産の設備を持っている。国内の不足も少数の高級設備の自主革新能力の基準で一時も満足させるのは難しいことを除いて、ほとんどのは国内技術と能力を満たすことができなかったのだが、工作機械重視の精密プラスチック金型パーツ業界が壊れていく市場との精密プラスチック金型パーツを加工していくつかの特别な要求不足を詳しく分析して研究ためと分析された。国産の精密プラスチック金型パーツ設備の競争力を分析してみた

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品