本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密自動車用金型部品コアピン発热や表面処理
精密自動車用金型部品コアピン発热や表面処理
文章来源:    責任編集:    人气:853    発表時間:2014-12-29

  精密自動車用金型部品コアピン発热や表面処理することにした.精密自動車用金型部品コアピンが行われなければならない热処理のために、発热の質が発生しないように、奇形、ひびが入って、メイプルストーリーrmt酸化、腐食などの問題については、塩浴炉、保护雰囲気炉荷物保護加火が真空炉で.特に高圧气冷真空炉から焼入れ質が一番良い。焼き入れ前を実施しなければならない1次除応力焼鈍し処理を解消するため、加工时に残ったストレスを与えずに狭まっている焼入れ時の変形の程度とひびが危険なことが分かった。コア、焼き入れ间后に焼き戻し、二度とこのようなひびが入って、焼き戻す回数は3回目だ.表面を防止するためにくっついてアルミ、コア表面を複合窒化処理と関連して、発热や表面処理の要求は以下の通り。機体硬度:43 ~ 47hrc、表面の硬度:900hv以上、硬化階の深さは0 . 05 % mm以上、早階の深さは0 . 001 mm以下だった。精密自動車用金型部品コアピン発热や表面処理することにした

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品