本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密プラスチック金型部品加工技術
精密プラスチック金型部品加工技術
文章来源:    責任編集:    人气:790    発表時間:2015-01-14

  精密プラスチック金型部品加工技術.国際市場での場合、先进国人件费コストの持続的に向上させるために绝えず、生産コストを下げるの金型部品を中国にのような有好技术の基础の発展途上国に移動した。多国籍企業から韓国で仕入れの精密プラスチック金型部品の傾向はまだ発展の中で、国际の新興市場の開拓にも優れた者だった。にもかかわらず、市場が発展途上国の中で、精密プラスチック金型部品の要求が高まっている。例えば自動車軽量化、知能型成形し、新エネルギーなどの新兴产业、航空宇宙、バイオメディカル、軌道交通、知能型電力網などが「十二五」の期間に国の発展に焦点を合わせた」とし、重点に必要とされる精密プラスチック金型部品のも自然の精密プラスチック金型部品産業の発展に重点を置いており、このうち数が必要になり、多くの新開発した技術を突破しなければならない点だ。これを突破口をしなければならない連動業全体水準の向上させている。精密プラスチック金型部品加工技術向上している

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品