本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 高速精密プラスチック金型部品加工
高速精密プラスチック金型部品加工
文章来源:    責任編集:    人气:119    発表時間:2017-05-17
高速精密プラスチック金型部品加工について、近年、国内では精密機械業界の発展が進んでいる。高速精密プラスチック金型部品加工は精密機械、例えば、自動車、電子製品、機械、金型などの領域に使用され、特に医療機器、自動車、航空領域などでの発展は凄まじいものである。しかし、これらの高速精密プラスチック金型部品加工技術は難度が高い、精度の技術標準が高い、バリューチェーンがあがるほど付加価値が高くなる、利益率が高いなど、いくつかの特徴がある。多位置順送り金型の生産要求は調整難度が高い、生産に時間がかかる、周期が長い、寿命が長い、寸法割合の安定性がわりと高い、高耐摩耗性、高強度、高硬度などの特徴を持っている。
これらの問題に対して、高精度の切断機を導入することが考えられる。それによって、厚さを変え、不良影響を解消する。製品の部品、技術標準、ダブルウェアプレート技術などの面から比較し、製品表面のざらつきを軽くし、高精度、高品質、高効率の中国精密プラスチック金型部品加工にたどり着く。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品