本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プレス金型部品焼鈍し組織の判定を下した
精密プレス金型部品焼鈍し組織の判定を下した
文章来源:    責任編集:    人气:901    発表時間:2014-06-13

 精密プレス金型部品焼鈍し という目的を下げるように見えたが、机加工钢の硬さも、同时には、後続の発热作組織を準備している。碳化物の不均衡だ、精密プレス金型部品組織に多く含まれている碳化物、大量の共晶、不均衡が碳化物使用に対する性能に非常に重要な影響、その碳化物の分布には厳格な統制しなければならない。要するに、精密プレス金型部品作業場のため、現場の生産の対象が複雑で、そしてどれくらいであると同時に单件?少量で、精密プレス金型部品を生産定員の樹立と管理に一定のが困難になり、各厂や作业场がの生産方式、設備、技術の素质でないように、定員のため、法制定ときは、必ず根拠本厂や現場の実態を振り返りながら、適切な方法で制定は先が合理的な£ノルマを高めるため、労働生産性の目的ではなかった。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品