本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密自動車用金型部品加工中細部処理すること
精密自動車用金型部品加工中細部処理すること
文章来源:    責任編集:    人气:618    発表時間:2014-07-31

  精密自動車用金型部品加工中細部処理すること.普段、精密自動車用金型部品に上型やダイスの二つの部分で構成されている。上下模間.鉄板を放置しておき、プレスの役割が行われる材料の出た状態で、プレスが開けるとき、チームは、精密自動車用金型部品形状が確定した部品やの廃材だった。1.導すべる件の表面にすれば.擦り傷影響寿命を防ぐために、適切な粗糙度らしい。2.电加工して、とてもストレスを解消しなければならない。処理することにした。3.複雑な、大きな块の成型部品をしなければならず、粗加工配置とてもストレスを解消処理することにした。4.成型部品がサイズや形を留任させた時、なるべくを采用する埋め込みしてつづりを補完する方法がない。5.精密自動車用金型部品加工の過程で、除保証正しい幾何学的な形とサイズの精度を除い、成型部品の表面には不許可残留加工の跡や切りつけ痕.精密自動車用金型部品加工中細部処理すること.とりわけ、高いメルティングポイント合金の圧金型、当所はひび割れの出発点だった。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品