本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プレス金型パーツ加工の基本な特徴
精密プレス金型パーツ加工の基本な特徴
文章来源:    責任編集:    人气:786    発表時間:2014-08-01

  精密プレス金型パーツ加工の基本な特徴は次の5つ:1.精密プレス金型パーツ加工精度要求高1の副型はふつう、窪地を模、凸模と模機に構成されている。一部の意図もあるものといったモジュール件あまり。精密プレス金型パーツのサイズの精度往々にしてはμm級だった。2.複雑な形面は.例えば 制品があって.自動車で.覆われている件、航空機部品、玩具、家電製品.その模様の表面は复数の曲面組み合わせから、このため、精密プレス金型パーツキャビティ面だった。少し曲面用の数学の算定方法だと明らかにした。3.ロット小さい精密プレス金型パーツの生产はによる大量生産をいう.4.工程多精密プレス金型パーツ加工中総使わねばならぬ、镗サプリメント、穴をあけて、削ってと攻螺旋模様など多様な工程。精密プレス金型パーツ加工の基本な特徴5.精密プレス金型パーツの使用はアジを製品化するのは寿命のだった。オキソニウムイオン払い精密プレス金型パーツの使用寿命を超えなければならず、新たな型が更迭ので、精密プレス金型パーツの生产にしばしばアジだった。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品