本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プラスチック金型パーツ研磨基本プログラム
精密プラスチック金型パーツ研磨基本プログラム
文章来源:    責任編集:    人气:928    発表時間:2015-06-05

高品質のバフ効果を獲得して、最も重要なのはをプラスチック金型の高い品質の砥石、サンドペーパーやダイヤモンドペーストなどの研磨工具と補助食品。そして研磨プログラムの選択によって前期加工後の表面状況など、機械加工、放電加工、研削加工など。だから知る必要が精密プラスチック金型パーツ研磨の基本プログラム
精密プラスチック金型パーツ研磨の基本プログラムは次の通り:
1、精トス

精トス主要使用ダイヤモンドペースト。もし用バフ混合ダイヤモンド研磨粉やペーストを研磨することは、通常の研磨順番は9μm(# 1800)~6μm(NULLNULL # 3000)~3μm(# 8000)。9μmのダイヤモンドペーストやバフを使用することができます# 1200と# 1500号ペーパーが殘した発状研磨割れ。あとは接着フェルトとダイヤモンドペーストを売り払って、順番に1μm(# 14000)~1 / 2μm(NULLNULL # 60000)~ 1 / 4μm(NULLNULL # 100000)。精度要求1μm以上(1μm)の研磨工程での金型加工ショップで清潔度の研磨室内行い。もしもっと精密研磨しなければならないのは絶対清潔な空間。ほこり、煙、ふけや涎泡もある廃棄数時間仕事後の高精密研磨

2、粗トス
経フライス、電気火花、磨などの工芸後の表面を選ぶことができる回転35 000~40 000 rpmの回転が表面研磨機や超音波研磨機で磨く。常用の方法を利用し#直径Φ3 mm、ワシントンを400の車輪を白い放電層。そして手作り砥石研磨、ストリップの砥石加燈油の潤滑剤としてあるいは冷却材。一般の使う順序を# 180~# 240~# 320~# 400~600~# # 800~1000 #。多くの金型メーカー時間節約のためから选択# 400から
3、半精トス
半精トスは主にサンドペーパーや燈油。ペーパーの番号は順に、# 400~600~# # 800~1000~# # 1200~# 1500。実は# 1500サンドペーパーで適焼硬い金型鋼(52HRC以上)は、適用しないプリ鋼、それを招くかもしれないプリ鋼件表面やけど。
⒋精トス

用ペーストを精トス、8000、10000達成鏡面ました。
衝の針、パンチ、ガイドピン、ガイドセット、ビン指ぬき、司筒、パチンコセット、独立導柱、スライド、期日章、斜頂スライド、口々にセット、測位の塊、導位固定の塊、ガイドピンブースタ(位置決め柱)、ガイドピンモジュールなど。
上記の述べて、あなたはきっと、精密プラスチック金型パーツ研磨の基本プログラムの一定の理解です。もしあなたは知りたいのはもっと多くて、君が東莞宜澤金型有限会社について、さらに詳しく理解します。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品