本ページ:ホーム > 業界動向 > 中国製はモールドの標準化を呼びかけます
中国製はモールドの標準化を呼びかけます
文章来源:    責任編集:    人气:1408    発表時間:2013-05-10

近頃、上海で国際自動車展覧会を開催し、中国モールド工業協会「モールドと自動車部品技術と市場」に関連のフォーラムのイベントは多い業界の人の参加を引きつけました。会議に出席するモールドの業界専門家は我が国のモールド産業はすでに「デジタル化集成製造」時代に入って、モールドが全面的に制造業に成型工芸装備と成型技術解決の大きい背景の下に、モールドの標準化は産業技術の発展基礎になっている状態がとても緊急だと思います。
「現在、我が国のモールドの標準化程度と応用レベルが50%に達し、海外工業先進国(70~80%)と比較し、まだ大きいギャップがあります。」モールド業界の羅百輝は「ここの数年来、我が国のモールド生産?販売するメーカーが年々増加し、しかし大多数の規模が小さくて、設備が古くて、工芸が古くて、、コストが高くて、収益が低いです。ただ普通中小型押し抜き金型、ガイドポスト、ガイドスリーブ、パター、モーロドスプリング、気動部品など製品の商品化程度はが高くて、大体に国内市場の需要を満足させ、そして一部が輸出しています。あれらの技術価値が高くて、構造先進、性能が優れた、品質が上等、入れ替えが速やかな個性化の製品、例えばボールロック式クイックチェンジパンチと固定板、固体潤滑導板とガイドスリーブ、斜めウェッジ構造とその部品、高級なプラスチック金型標準部品と窒素主スプリングなどの国内の生産メーカーはまだを少なくて、しかも資金不足のせいで、、技術改良プロジェクトの実施がにくくて、生産効率は低くて、納品周期は長くて、供給と需要の対立矛盾は日に日に際立っています。羅百輝分析によると我が国は毎年まだ海外から一定数量の標準部品を輸入します。その費用はおよそ1年のモールド輸入額の8%ぐらいを占めます。国産標準部品は技術標準、科学技術開発、製品品質などの方面で多くの問題が存在しています。
中国モールド工業協会会長曹春華は「我が国で技術価値の低いモールドがすでに供給が需要より多く、技術価値の中等、高等モールドがへ需要は満足しできません。この難題を解決するために企業は必ずアップグレードをしっかりと行って、徐々に創造能力を高めます。未来モールド業界の競争はモールドの標準化、デジタル化を巡って展開の競争です。」
中国モールド工業協会の一つ調査によって多くのモールド企業は積極的に標準化の作業を展開し、しかし標準化のレベルが低くて、設計、製造モジュール化、統合化、情報化、自動化製造、標準化工場の方面でほとんど国際普遍採用標準がなくて、業界基準としての採択がほとんどありませんでした。

 


上一篇:国際モールド産業は絶えずに我が...    下一篇:没有了
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品