本ページ:ホーム > 業界動向 > 鋳型加工製造時によくある問題につい
鋳型加工製造時によくある問題につい
文章来源:    責任編集:    人气:21    発表時間:2018-11-05

鋳型加工製造時、細部の点に注意しないと金型部品いろいろな不良が発生することがあります。不良品は市場に流れてクレムができはず、取引先から注文も減少します。それは会社の発展に対して非常に不利です。だから、我々は最初から不良品を抜き、加工技術を高めること。今日は生産時いつもある問題を分析しましょう。
では、鋳型加工製造時によくある問題について下記通り:
1.材料鍛造の品質問題。ある金型はただ数百件を生産してひびが現れて、その上ひびが発展するのはとても速いです。この原因は鍛造時には外型の寸法だけを保証することがありますが、鋼材の中のほかの条件を注意しなく、流線を形成して、このような流線は焼入れの変形、裂けが大きく影響します。
2.研削時には摩擦熱が発生し、軟化層、脱炭素層が発生して熱疲労強度を下げ、それに熱裂や早期クラッシュを引き起こすことができます。
3.電火花加工はストレスになります。このストレスは鋳型加工製造の品質を影響して、注意しなければならない。
以上は鋳型加工製造時によくある問題について簡単な分析です。精密部品に対してほかの問題があれば、次回皆さんと分析します。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品