本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密プラスチック金型部品の材料を選ぶべきだ
精密プラスチック金型部品の材料を選ぶべきだ
文章来源:    責任編集:yizexiejia    人气:900    発表時間:2014-04-29

精密プラスチック金型部品の材料を選ぶべきだ

1.精密プラスチック金型部品耐摩耗性

  半完成品が精密プラスチック金型部品開口中で塑性変形するとき、型空間表面に沿って流動または滑動し、型空間表面と半完成品の間に熾烈な摩擦を生じる 

  。それによって精密プラスチック金型部品が摩損原因で効力を失う。

  だから材料の耐摩耗性は精密プラスチック金型部品の一番基本で有り、最も重要な性能の一つである。

  硬度は耐摩耗性に影響する主要因である。

  一般状況下で精密プラスチック金型部品の高度が高ければ高いほど摩損量は少なくなり、耐摩耗性も良好である。

  外に、耐摩耗性は材料中の炭化物の種類、量、形態、大きさおよび分布と相関が有る。

  

2.精密プラスチック金型部品の材料の強靭性

  精密プラスチック金型部品の工作条件は大部分が劣悪で、常に比較的大きな衝撃負荷を受け、それによって脆性断裂にいたる。

  精密プラスチック金型部品工作時の突然脆性破断を防ぐ為、精密プラスチック金型部品は高い強度と靭性を備えなければならない。

   精密プラスチック金型部品の靭性は主に材料中の炭素量、結晶粒度および組織状態によって決まる。

 

 

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品