本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 金型表面処理加工技術について
金型表面処理加工技術について
文章来源:    責任編集:    人气:121    発表時間:2017-09-21

良い加工技術は金型部品品質を保証べき。それぞれの加工技術の中で金型表面処理加工技術について簡単に説明させて:
メッキ:いろんな種類のメッキ加工が可能です。Ag(銀)、Au(金)、Pd(パラジウム)、Ni(ニッケル)、Cu(銅)。スポット、フープ、全面それぞれ選択可能です。
熱処理加工:フープ形態の連続熱処理加工、製品1個単位のバッチ処理が対応可能です。
バレル処理:プレスのバリ取り、表面を平滑に仕上げる。表面を鏡面仕上げる。などの加工が可能です。
コーティング:素材表面を全面または、部分で樹脂でコーティングする。樹脂コーティングされた表面をプレス加工が可能です。
粗化:製品の全体または部分的に粗化する対応が可能です。化学的な処置と、物理的な対応が可能です。
宜澤はプロ精密プレス金型部品製造技術、精密コネクター金型パーツ加工技術、金型表面処理加工技術を持っている。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品