本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 国内精密プラスチック金型パーツの未来発展を分析する
国内精密プラスチック金型パーツの未来発展を分析する
文章来源:    責任編集:    人气:261    発表時間:2018-04-24

国内精密プラスチック金型パーツの未来発展を分析する
近年から、国内の金型産業の発展はとても良くて、その原因は主に我が国の自動車、オートバイ工業の高速発展で、金型産業の急速な成長を推進します。宜沢の調査によると、鋳造件の応用範囲は非常に広く、ほとんど工業分野にも触れています。その中の自動車部品とプラスチック金型パーツの鋳造件は、大きい数量、多い品種、気にしい要求、高い品質で金型製造のトップになります。それに鋳造産業の中で最大のシェアを占めています。それは金型産業の急速な発展を促す原因。
特にこの数年、国内精密プラスチック金型パーツの未来発展情勢はとてもよい。現在、プラスチック金型パーツは全ての金型業界に占める割合は約30 %である。中国の自動車、家電、電子通信、各種の建築材料が急速に発展したことに従って、将来の金型市場では、精密プラスチック金型パーツ総量の割合は徐々に向上して、もちろん発展のスピードは他の金型部品より速くなります。自動車工業を例にして、自動車販売の高速成長に伴い,自動車金型の潜在市場は非常に巨大であります。皆さん知っているのように、自動車を生産する際には、各種の機能性部品が金型成型によって作られ、普通の自動車だけで200個以上の内装品を作る必要である。バンパー、スタンド、オイルボックス、ハンドルなどに必要な大中型プラスチック金型パーツの製造は、金型業界の生産能力から見ると、現在の満足率は約50 %である。建築の分野では、プラスチックの建設材が伝統的な材料に取って代わるのも必要な発展。国内精密プラスチック金型パーツの未来発展は段々よくになります。みなさん、お楽しみに!

精密プラスチック金型パーツ加工

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品