本ページ:ホーム > 業界動向 > 電子商取引と精密プレス金型部品業界の结合
電子商取引と精密プレス金型部品業界の结合
文章来源:    責任編集:    人气:744    発表時間:2014-08-20

  電子商取引と精密プレス金型部品業界の结合、電子商取引の成功のカギは企業のネットワーク?マーケティング运営に注目している。電子商取引ではありませんので向けの企業のホームページや電子商城代わりに、インターネットでという新しいルートにお金を稼ぐ。精密プレス金型部品企業に電気業者はまで引き上げようと会社の戦略的だった。精密プレス金型部品であるが、多くの企業のうち、電子商取引の実務は市场部にあります、あるいは数人が作っておいた小さな部門で、企業は电気屋の認識に滞在していたが、あるインターネット全共闘のショッピングセンターの段阶では、企業電商運営提供しない必要な組織が保障された。電子商取引ルートにまでにすでに天猫、京東(キョンドン)や地球のために、銀行、支給プラットフォームなど多くの販売プラットフォーム、電子商取引と精密プレス金型部品業界の结合が、b 2 c?c2b買い手、o2oなど多くのオンラインモード、コンピューター、携帯電話やテレビ、甚だしきに至っては銀行のatmなど見せ掛けの端末。奇妙な電商環境に直面して、电気屋販売の通路の選択は、直接決定した企業の电気屋の未来発展の成否を左右する。事実、企業は、まずはマクロで知り合い、そして理解電子商取引のラインに業務のパターンや規模、影響力、そして未来を明確に向上する傾向を示していると巨大な潜在力をもらってから電商チャンネルやブランド、制品、サービス、人材などを総合的に考慮した会社側が未来の电気屋の発展や基礎組織である。通路の選択が十分に考慮されなければならない企業は今のブランドの状况、製品構成や消費者、利潤空間などが含まれている。総合評価ラインに業務を回収し、ベンツピレンに及ぼす影響力は、会社の将来の3 ~ 5年、电気屋の位置や可執行の投入予算などが含まれている。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品