本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密コネクター金型部品の発热の工程
精密コネクター金型部品の発热の工程
文章来源:    責任編集:    人气:901    発表時間:2014-09-18

 精密コネクター金型部品の発热の工程は、部品を要求する一方、の硬さが必要だということにも、内应力統制し、保証部品加工時サイズの安定性、违うの材質はそれぞれの処理方式だ。近年で精密コネクター金型部品产业の発展のため、材料の種類が増えたとは、cr12、40cr、cr12mov?硬質合金だってだけでなく、一部の仕事は大きくて、ストレスを厳しく規制する膨らみ、窪地の型をとり、が可能!!新素材粉合金钢、例えばv 10?asp23などには、このような材質比較的高い热の安全性と良好な組織の状態となっている。cr12movは材質の部品に対しては、粗加工した後になって焼入れ処理され、焼き入れ後に相当な部品を存続のストレスを与えずになりがちだコンプリや仕事の中で伤は部品焼き入れしなければならず、熱いうちに焼き钝ストレス解消のために焼き入れ焼き入れ温度制御900—1020℃、そして冷却~ 200 - 220℃寒くて、その後の一挙手一投足に空を迅速に回炉220℃焼き戻し、こうした方式」と呼ぶことにした1次硬化プロセスを獲得できるの高い強度や耐磨性、磨耗が主な効力の形式を借りた精密コネクター金型部品の効果が大きい。生産量のうちへの角が多く、形態の複雑なワークを解消するには不十分焼き钝焼入れのストレスを与えずにコンプリ前も行き応力焼鈍しまたは数回時効の処理と関連して、十分に釈放応力だった。精密コネクター金型部品の発热の工程.aps23などに対するv 10、粉合金钢部品は、風前の高温焼き戻し、焼き入れ時が2次硬化プロセスを1050 ~ 1080℃焼き入れ、また、490—520℃高温焼き钝して進められた数件を獲得できるの高い衝撃强靭性および安全性をはじめ、崩刃を主な効力の形式を借りた精密コネクター金型部品が適用される。粉合金钢の粉飾に高いが、その性能もいいし、が生まれている幅広い活用の傾向を見せている。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品