本ページ:ホーム > 業界動向 > 超硬丸い部品スプリング使用時の注意事項
超硬丸い部品スプリング使用時の注意事項
文章来源:    責任編集:    人气:880    発表時間:2014-09-25

  超硬丸い部品スプリング使用時の注意事項:1.超硬丸い部品最大の圧縮量(30,50,100万回の条件)以上の使用され(が皮肤に密着し、近く使用):を上回ったのは今回が30,50,100万回の条件の使用が皮肤に密着し、付近の使用などは、この近くくっつけになることができる、有効な卷数だんだん裏窓バネ定数は高くなり、负荷図のように立ち上がって特殊性のために、そしてやすい」とし、「高応力さぞかし傷んでいる。避けましょ30,50,100万回の条件を使用するようにした。2.超硬丸い部品初期の圧縮量の使用をない:隙間しようとすれば、スプリングが打撃力、さぞかし傷んでいるになりがちだ。以上1 mm以上ご利用くださいの初期の圧縮量だ。3.超硬丸い部品用にした片を異物の状态の使用:異物が壁に挟まれ、スプリングの真ん中で、その部分有効卷数の役割は変わることができてではありませんが、本質的に減らすの土台の上で、スプリング定数は高くなりだった原因となっている。またくっつけ長が高くなるでしょう。4.超硬丸い部品組み立て面に平行度の悪いところ使用:組み立て面の平行度が悪いとは言えない。スプリング屈折しやすく、さぞかし傷んでいる。精巧な条をください良い平行度に使用した。5.超硬丸い部品無スプリングガイドは避けたほうがいいの使用は、無スプリングガイドのために使用したとき、スプリング屈折し、さぞかし傷んでいるやすくなってしまう。必ずご使用ください外の軸に取れば外径ガイドなどのスプリングガイド。6.超硬丸い部品使用に対する温度によって利用環境に高温で、大きな机能の青酸カリ中毒が予想される。用でください环境温度の注意を受けた。超硬丸い部品スプリング使用時の注意事項だ

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品