本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プレス金型パーツコア加工技术である
精密プレス金型パーツコア加工技术である
文章来源:    責任編集:    人气:827    発表時間:2014-12-24

  精密プレス金型パーツコア加工技术である.模で使ったコアピンには折れて、接着アルミニウムなど失効形式で、コアの早すぎるがこれらの効力を形式が大幅に減り、精密プレス金型パーツの仕事だ。本文は主にコアのままで、発热や表面処理、加工など、いくつかの一環として、详しく述べてコアの全般的な加工技术,提高型芯の使用寿命を発揮した精密プレス金型パーツ全体使用効果もあります。自動車工業の活性化や自動車軽量化の要求を受け入れて、自動車エンジン、変速器や構造の部品など多くの采用アルミダイカスト部品を本体の部品や精密プレス金型パーツ加工や使用など幅広く引用された。精密プレス金型パーツのコアの需要が増えているが、我が社は金型统一规格の部品メーカーとして、適応発展需要コアの加工技術を形成したままの完全なセットや発热,表面処理、加工などが著しく向上したシステムをコアの使用寿命を下げようとした精密プレス金型パーツの改憲の開模回数をし、精密プレス金型パーツ発効効率性、良かった経済効果を得られる。精密プレス金型パーツコア加工技术である

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品