本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密コネクター金型部品のデジタル制御の加工技術
精密コネクター金型部品のデジタル制御の加工技術
文章来源:    責任編集:    人气:811    発表時間:2015-03-25

  精密コネクター金型部品のデジタル制御の加工技術は普通な加工の技術が共通しているが、しかし相違もあります。普通の旋盤の上で部品を加工する時、第一選択は精密コネクター金型部品の技術に対して分析して、路線を加工するのを確定して、切削使用量、旋盤の刃物と位置付け方法を選択するで、それから精密コネクター金型部品の技術の規程を編みだします。デジタル制御装置の上で精密コネクター金型部品を加工する時、部品に対して部品の技術を行って分析するで、路線を加工するのを確定して、選択は使用量、旋盤の刃物と位置付けを切削して方法などを決定して、異なっての手続きが初めを編む前でで、精密コネクター金型部品を加工させられるのに対して技術を行って分析を割って、技術の方案の外で推定して 、またいくつか技術の問題処理を行います。それから上述の技術の原因をデジタル制御装置の識別することができるコードの定める命令の情報に使ってを表しに来て、それからデジタル制御装置の中に入して、デジタル制御装置を制御して加工します。
 精密コネクター金型部品のデジタル制御の加工するプログラム設計は普通の旋盤と技術の規程の中の技術設 計似ていますが、でも前者は後者より厳格で、複雑で、技術処理の問題は独自の特性があります。だから、精密コネクター金型部品のデジタル制御がのプログラムの作成の基礎で、一つの非常に重要な仕事です。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品