本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プラスチック金型部品の構造
精密プラスチック金型部品の構造
文章来源:    責任編集:    人气:888    発表時間:2015-04-01

  精密プラスチック金型部品の構造分類および使用场面がある両板模最も常用をできるだけするつもりなのか三板模完成品の表面に針時に入ゼリー、精密プラスチック金型部品の構造を必要とします。二板半模完成品母模とともに、表面が倒れていたしるしをつけたりしてはならない结合の大台を割った暑いランナーの代わりに、三板省材料、下がってきたサイクルは、成型安定してる。

  商品名:模製品の精密プラスチック金型部品の構造は、见た目の必要性のためだ。模製品が盛りあがってしか公模に入ゼリーのさいに、無進デカルトが残っていた自動引いて无料実現精密プラスチック金型部品を刻んで生産していた。2次が斜めにしたり、解決粘膜離型を強制している速い換解体でき诘め改善メーカに冷却要求が相対的に低かった。システム通りに分类しなければならない浇注システムの注射器ノズルからキャビティまでのプラスチックの流れる通路になった。成型システム参加製品成型部品だ。がシステムは、成型品はキャビティで頂に反映された機関だ。エキゾーストシステムプラスチック成型する際、キャビティ中のガスを排出している冷却および加システムには、冷却水を模温機や関連加热を組み立てる測位と保証のを精密プラスチック金型部品の構造トレースするシステムは決まったの轨迹運動をしている。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品