本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密プラスチック金型部品の使用寿命を分析する
精密プラスチック金型部品の使用寿命を分析する
文章来源:    責任編集:    人气:373    発表時間:2018-02-02

精密プラスチック金型部品の使用寿命を分析する

市場競争が激しくの今は、製品の更新することがますます速くて、古い製品に淘汰され、新製品は必要になる。このような要求は精密金型部品製造の週期短縮できる。古い精密プラスチック金型部品加工方法は近代的な高効率の生産手段に取って代わられて、多くの友達にも精密プラスチック金型部品の使用寿命を注目している。金型製造プロセスは複雑で、製造周期が長いので、材料も高いので、金型部品の品質は高く要求される。
金型製造の加工生産は連続性があるので、金型部品の加工プロセスは一つでけでなく、大型金型の製造週期は長い、自動車生産の需要に間に合わない。

宜澤金型サービスチーム


東莞宜澤金型有限公司は精密プラスチック金型部品の使用寿命を分析して、高品質、長寿命の金型部品を生産するために努力している。宜澤は金型原材料に高い要求させて:強度、硬度と耐摩耗性は良い、また関连の熱加工技術と熱処理プロセスに以前より厳格な要求をさせて新しい高品質材料を生まれる。宜澤モールドは完璧なサービスシステムを提供し、発注してから7-10間の生産により納品を実現しでき、お客様に良い品質の製品を提供しております。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品