本ページ:ホーム > 業界動向 > 精密金型部品加工の技術要求
精密金型部品加工の技術要求
文章来源:    責任編集:    人气:247    発表時間:2018-04-18

精密金型部品加工は企業機械金型加工の一つ最も効果的な方法、それと伝統の加工プロセスより工作物の取付けカード回数や操作手順プログラムを減少して、また方向位置を維持している、完璧な技術の製作です。しかし、精密金型部品加工の精度を確保し、部品品質を高め、生産コストをよくコントロールするために、精密金型部品加工の技術要求に対して厳しい要求であります。この加工方法は強い酸化性を持っていると同時に、以下の特性を示しています。
1.一定の変形抵抗があり、温度範囲は一定の幅がある
2.カット量は比較的多い、磨耗度が比較的低い、それに表面加工の粗雑さが比較的低い。
3.砂輪の品質要求と冷却環境が不安定で、傷害や亀裂が発生しにくい
4.焼き入れの高低は表面の強さに影響する

精密金型部品加工工場


東莞市宜澤金型有限公司は2006年に設立以来、主として精密金型部品、精密プラスチック金型パーツ、精密プレス金型部品、精密金型丸物[円型]、精密冶具の製作を専門に行っています。精密金型部品加工の技術要求、品質要求、納期要求は厳しくにして、主な販売市場は日本、ヨーロッバ、アメリカなど先進国です。
弊社は何時も高品質を維持し、納期を厳守することをモットーとし,上質なサービス,品質で、業界でも有名なコネクター金型企業日本Tyco、日本航空電子JST等に御指導頂き、色々なお客様よりより良い評価を得る事が出来ました。弊社製品が日本お客様のお役に立って、信頼される企業に成れる事を目標に精進努力致していきます。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品