本ページ:ホーム > 業界動向 > プレス金型部品の設計図を正しく描くには?
プレス金型部品の設計図を正しく描くには?
文章来源:    責任編集:    人气:244    発表時間:2020-03-11

精密金型部品の加工は精密な図面から参考しなければなりません、プレス金型部品の設計図の善し悪しが直接プレス金型の製造とコストに影響します。今日は、プレス金型の部品をどのように正確に作るかを分析してみましょう。

 

まず,図面は正確かつ十分である必要がある。選択された図面は、部品の内部および外部の構造形状および寸法を十分かつ正確に表示し、図面の数を最小にすべきである。

 

次に,図形を完全に描く。部品図を描くのは部品の構造を反映するため、この部品を加工するために図示を提供するため、非標准品或いは標准品であるがまだ更に加工しなければならない部品は、すべて部品図を描く必要があり、一部の部品は標准品であるが、上で加工漏れ穴、ねじの穴とピン穴など。

 

また,部品図のレイアウトは正確でなければならない。プレス金型部品の設計図の作成が正確であることを保証するため、組立位置に従って部品図を描くことを勧めて、軸類部品は加工位置に従って部品図を描く。この部品を配置した正面図は厚さ方向の構造を反映しており,平面図は原平面内の構造である。

 

プレス金型部品の設計図

 

注意しなければならないのは標准寸法が正確で、すべての合わせ寸法と精度の要求が比較的に高いのはすべて公差を標准しなければならなくて、組み立ての過程の中で加工する寸法は調合図上に標准しなければならなくて、もし部品図上に標准しなければならない時に関系する寸法の近傍に標准しなければならない。組み立てに一定の残量を残す必要がある場合、組立チェーン補償量と組み立て後に要求される配合寸法、公差、表面粗さなどを部品図上に表示する。

 

最後に、すべて記号を用いてあるいは図案の中で表示するのは簡単ではなく、製造の時に保証しなければならない条件と要求の時、すべて技術条件の中で明記すべきであり、内容は異なる部品、異なる要求と異なる加工方法によって異なる:

 

1、材質に対する要求、熱処理方法及び熱処理後の表面に達するべき硬度など。


2、表面処理、コーティング及び表面仕上げなどの要求。


3、円を倒さない半径の説明、個別部位の加工要求など。


4、その他の特殊要求。

 

プレス金型部品の設計図を作成するだけではなく、精密コネクター金型部品、タングステン鋼部品などの精密金型部品の設計図を作成することにも適しています。つまり、良い設計図は金型部品の生産と制造に大きなプラスを与えます。


 

精密プレス金型部品

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品