本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密コネクター金型パーツの加工製造過程
精密コネクター金型パーツの加工製造過程
文章来源:    責任編集:    人气:683    発表時間:2015-03-18
  精密コネクター金型パーツの加工製造過程:1.化学検査を経て合格した後の原資材などを経て糸引き機を引いてで作られているのに必要な直径サイズを標榜した一本一本に長い棒状冲針胚が予定されている。2.热処理の前、自分で冲針胚をスリープ在学直踊り場用のダイヤルゲージで調はね、それを入れ高周波ストーブや塩浴炉内に加热~ 800 ~ 1300度まで上がるなど、2 ~ 5分、油寒い淬こわばって、精焼入れ発热した後针尖硬度がhv590 - 800 .エネルギを低温焼き戻す処分することにした。3.研ぎ加工.精密コネクター金型パーツにする工作机械のスプリングはさみの上に君臨し、各種寸法を要求し、精密コネクター金型パーツによってそれぞれは研磨成型加工。精密コネクター金型パーツの加工製造過程だ.
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品