本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密自動車用金型部品の伝统な机械加工方法
精密自動車用金型部品の伝统な机械加工方法
文章来源:    責任編集:    人气:700    発表時間:2015-03-20
  精密自動車用金型部品の伝统な机械加工方法:机械加工方法で広く活用、精密自動車用金型部品の制造。対凸模、窪地を模などの精密自動車用金型部品の仕事の部品をを采用して他の工芸方法(特殊加工)加工されなくても、一部の工程が残っていなければならず、机械加工方法で解決すべき問題だ。精密自動車用金型部品によれば计算された构造を行うと工場の設備の条件として、精密自動車用金型部品の机械加工は概ねペイントの場合:1.用車両やサプリメント公司、帝王切开で、穴をあけて、磨などが通用工作机械加工の精密自動車用金型部品を取り調べた後、必要な钳工修配、组み立てている。2.精度の要求の高さの精密自動車用金型部品を加工して一般工作機械が确保できないの高い精度をその存在がは精密の工作机械加工を行う。3.精密自動車用金型部品をさせるために特に形状の複雑な膨らみ、窪地の模型孔和キャビティを加工して更に次第に自動化を削減し、钳工修配の手間を采用しなければならないnc加工する(たとえば三座標デジタル制御フライス盤,机械加工、デジタル研削盤設備など)の精密自動車用金型部品を加工して。用机械加工方法製造型版、工芸の上を充分に考慮しなければならない精密自動車用金型部品の材料、构造形、サイズ、精度と使用寿命などの方面のとは違って要求を採用し、合理的な加工方法や工芸路線では、できるだけ加工設備でを通じて保証精密自動車用金型部品加工の質を高める一方、生産性とコストを下げている。精密自動車用金型部品の伝统な机械加工方法だ
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品