本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密プレス金型部品加工の表面の質の重要性を強調した
精密プレス金型部品加工の表面の質の重要性を強調した
文章来源:    責任編集:    人气:717    発表時間:2015-04-10
  精密プレス金型部品加工の表面の質の重要性を強調した.精密プレス金型部品仕事上の表面の質の优劣部品を模仿する耐磨性については、抗破断能力や抗つい能力などは非常に密接な関系があり、直接的な影響は精密プレス金型部品の使用寿命。特に表面粗糙度値、精密プレス金型部品寿命に大きく影响しなければならず、表面粗糙度値が大きすぎて、仕事をしている時に発生して、ストレスを集中現象が、その峰、谷间にひび割れしやすいに影響を及ぼそうと冲模の耐久度にも大きな影響を及ぼす精密プレス金型部品表面の耐热蝕性に直接的な影響冲模の使用寿命と精度はこれに向け、精密プレス金型部品の表面処理技術次の点に注意して事項:①具有作業の部品加工過程で必ず防止磨削やけど部品表面的なものにならなければならず、厳しく統制磨削工芸条件や工芸の方法がある。例えばシャープナー硬度、粒度や冷却液、进给量などのパラメータ;②加工過程で精密プレス金型部品作業を防がなければならない部品表面に残っていた刀伤。板挟み、ひび割れ)、の冲突は傷など全般的な限界があった。これらの欠陥の存在になることを予想していた応力を集中させ、折れた根があるにも関わらず、精密プレス金型部品の早期失効;③磨削研磨と艶出しなどとコンプリ细かい加工を采用し、小さいの表面粗糙度値を高める一方を獲得し、精密プレス金型部品の使用寿命。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品