本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 精密プレス金型パーツ加工の安全について
精密プレス金型パーツ加工の安全について
文章来源:    責任編集:    人气:654    発表時間:2016-08-04
科学の進歩、経済の発展に伴って、市場で金型パーツにたいする需要が増えている。それに、精密プレス金型パーツをする作業員が増えます。精密プレス金型パーツ加工の安全注意点を旨く理解してこそ、作業員の安全を保障すること。精密プレス金型パーツ加工の安全に対して下記の内容を説明させます。まず、金型から見ると、材料を処理する工程の便利性を保証する。小さい精密プレス金型パーツ加工に対して加工する時作業員の指、腕及び他の部位は金型内に入れることは禁止する。そして、大型部品の加工に対して、もし作業員の指は必ず金型内で作業する場合あれば、できるだけ金型内で体の部位とどまる時間を減少させて、その上に危険区域範囲を明確に規定し、必要な防護対策を立つ、それに必要な安全装置を手配すること。加工中廃棄物が弾き飛ばすことはダメ、このようなことは作業員の注意を影響だけではなく、作業員に傷を受けさせるかもしれません。ですから、精密プレス金型パーツ加工の安全は一番に大切すること。部品をプレス時体は不安定を避けるために作業員の身振りは強すぎることは不可だ。とにかく、作業中細かい点は作業員の安全を影響しする。作業工程に対して分析し、安全事故を避けること。
宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品