本ページ:ホーム > 業界動向 > 超硬丸い部品加工製造に関する
超硬丸い部品加工製造に関する
文章来源:    責任編集:    人气:180    発表時間:2019-06-21

超硬丸い部品加工製造といえばみんなはどのくらい知っていますか?加工製造業を繁栄発展している今日は、金型加工メーカーの比率がますます重くなってきており、長安を例として数年の発展を経て現在の長安はすでに東莞の一番重要な金型生産地になっています。超硬丸い部品加工、コネクタ-部品加工、円加工など十数年の生産経験を持って宜澤が長安の一つ金型メーカー、宜澤が日本から輸入された光学曲線研磨機を持って、平磨の精度が0.001mm、研磨清角がR0.015できます。放電精度が0.005ミリメートルまでの精度をできる。まだ、放電清角がR0.015、放電平滑度がRa0.2できます。

また、超硬丸い部品加工製造の専門メーカーとして弊社は、完璧な品質を提供する為、技術を核とし、先進的な加工プロセスと自動化加工装置を導入します。さらに、日本の熟練した技術者を顧問に招き、定期的な指導のもと、各工程ごとに高技能人材を育成してまいります。
お客様の多様なニーズに応える為、コネクタ金型部品加工と非標準丸型加工の分野を絶えず研究し、丸型加工技術と放電加工技術を結合させた独創的な技術革新を促進してまいります。超硬丸い部品加工製造の経験をいっぱい持っています!

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品