ホーム

精密金型製造における15年の経験

プラスチック射出成形金型の製造と加工に焦点を当てる

宜澤金型業務範囲
本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 金属プレス金型部品の加工技術紹介
金属プレス金型部品の加工技術紹介
文章来源:    責任編集:    人气:324    発表時間:2020-12-09

東莞宜沢金型は十数年の金型部品の加工経験を持っているメーカーです。特に金属プレス金型部品のオーダーメイド加工、プレス部品の加工技術は簡単でも簡単ではないです。


プレス金型部品の工程数は、ワーク形状の寸法精度と材料特性によって決められます。また、プレス設備の条件、実際に金型を製造する能力、生産ロットとプロセスの安定性など様々な要素が考えられます。プレス金型の部品の品質を保証し、生産効率を高めるために、工程数はできるだけ少なくしてください。

金属プレス金型部品の加工

 

金属プレス金型の部品を加工する時、以下の問題が発生する可能性があります。解決方法は以下の通りです。

1.ワークの断面品質と寸法精度が高い場合は、プレス工程後に修理工程を追加したり、直接に精密プレス工程を採用することが考えられます。
2.曲げ部品の工程数は主に構造形状の複雑さに依存し、曲げ角の数、相対位置、曲げ方向によって決められます。曲げ部品の曲げ半径が許容値以下の場合、曲げ後に整形工程を追加します。
3.絞り部品の工程数は材料の性質、絞りの高さ、絞りの段数及び絞りの直径、材料の厚さなどの条件と関連しており、絞りの工程計算を経て確認する必要がある。絞り金具の円角半径が小さい場合や寸法精度が高い場合は、絞り後に整形工程を追加する必要があります。
4.プレス工程の安定性を高めるために、工程数を増やして、プレス部品の品質を保証する必要があります。例えば、曲げ部品の付加的な位置決めプロセスの穴あけ加工、成形プロセスにおける変形を増加させ、穴あけを軽減して変形領域を移動させるなどです。
5.パンチ形状が簡単なプレス部品は、単工程金型で完成します。プレス形状が複雑なワークは、金型の構造や強度が制限されているため、その内外の輪郭をいくつかの部分に分けてプレスする必要があります。必要な時は連続モードを選択できます。平面度の要求が高い精密金属プレス金型部品に対して、プレス工程後にもう一つの校正工程を追加することができます。

 

東莞市宜沢金型有限会社は金型製造メーカーです。コネクタ金型部品メーカーの一つで、専門的に精密金型部品、精密プラスチック金型部品、金属プレス金型部品、コネクタ金型部品、非標円件、タングステン鋼部品などの生産型企業を生産しています。製品は精密金型、プラスチック金型、自動車金型、医薬金型、コンピュータコネクタ金型及び他の工場自動化部品などに応用されています。金型部品の製造、技術、マーケティングとサービスにおいて豊富な専門経験を積んでおり、国内外のお客様の評価において、多くの肯定と支持を得ております。

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品