ホーム

精密金型製造における15年の経験

プラスチック射出成形金型の製造と加工に焦点を当てる

宜澤金型業務範囲
本ページ:ホーム > 宜沢ニュース > 超硬丸い部品の処理詳細
超硬丸い部品の処理詳細
文章来源:    責任編集:    人气:460    発表時間:2021-03-01

最後の編集者は、超硬丸い部品の処理に関する詳細情報を共有しました。超硬丸い部品の処理を加工する場合、内部加工方法と外部加工方法があります。では、丸め部品の処理とカスタマイズにおける超硬丸い部品の処理方法は何ですか?

通常、穴あけ、リーマ加工、リーマ加工、ボーリング、研削、絞り加工、研削、圧延穴加工を介して。
1.穴あけとボーリングは、固体材料の穴あけです。さまざまなボール盤を選択することにより、ボール盤で加工動作を実行できます。
2.リーマは固体材料の回転運動であり、穴あけ工具は直線運動を実行します

超硬丸い部品の処理

3.ブローチ加工は上記の穴あけ工具とは異なります。マルチブレードツールを使用して、複合マシニングセンターで固体材料を処理します。
4.高精度で硬化したワークの加工穴。基本的な加工方法は、内面研削、センタレス研削、プラネタリ研削です。

上記は、超硬丸い部品の処理における非標準のラウンドパーツ処理方法の特性に関する編集者の要約です。

超硬丸い部品加工のメーカーは、YizeMouldを探しています。私たちは常に品質でお客様の信頼を勝ち取ることを主張します。関連する要件がある場合は、交渉に来てください!

宜澤金型と関連メーセージ
宜澤金型からのお勧め製品